7月のきもの

f0134963_14275877.jpg


7月も最終日。今月着たキモノの記録。

黒・白・黄色・水色のストライプの化繊のキモノ(ヤフオク)
鶯茶地の絽綴に松の刺繍の帯(ヤフオク)
10センチ単位のカット売り綿素材の帯締め(六本木ミッドタウン)

(↓衿の合わせ方を間違えてしまいました)


f0134963_1429921.jpg

黒の紗、青い萩模様、ラメの撫子、青い波の織刺繍の正絹お召(ヤフオク)
白地に青い花の絽綴の帯(嫁ぎ先からの頂き物)
銀色の三分紐
白菊の帯留(ヤフオク)

7月なのに、雨が多い今年の夏。どうしても化繊が多くなります。
それと、昔の夏きものは袖が長いものが多いので、柄により袖を切りたくない場合はうそつき袖を使用。

今年は、浅野屋呉服店さんのポリエステル長襦袢をうそつき袖用に購入。
白の生地に瓶覗のほんのりボカシがうれしい。とりあえず2組作りました。
http://item.rakuten.co.jp/asanoya/0607-161/

襦袢は、胴部分が、袖なし襦袢(帝人ウェルキィ)で、袖部分が、絽楊柳の東レシルック。

来年こそは、竺染あたりの高級浴衣か、小千谷縮+麻の襦袢を買いたいです。

[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/11637639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2009-07-31 14:38 | きもの | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite