空気げんこつ(角川文庫)/鹿島茂

空気げんこつ (角川文庫)

鹿島 茂/KADOKAWA / 角川書店




タイトルの空気げんこつとは、澁澤龍彦『悪魔のいる文学史』で薔薇十字団を扱った回で登場した言葉らしく、薔薇十字団の頭目が背教僧ブーラン師率いるリヨンの黒魔術集団に対して、呪いの流体を送り、これによって相手を殴りつけるというようなことが書かれていて、この「呪いの流体」が「空気げんこつ」であるらしい。

これに感銘した鹿島氏が、さまざまなむかつく相手に「空気げんこつ」をお見舞いしてやるぞ、というのが本書のテーマ。

文芸春秋、中央公論などに掲載されたエッセイから、そのテーマに沿ったものを集めたエッセイ集で、初版は1998年。十年前の時事エッセイって。。。という疑問はもっともなんですが、目的の本が手に入らず、そういえば鹿島茂氏のエッセイ集って読んだことなかったなぁという選択だったのですが、意外と古さを感じず楽しめました。


空気げんこつ

鹿島 茂/ネスコ

undefined


初版は、まさに澁澤、種村チックな表紙だったのですが、文庫では吉崎観音のイラストが使用されています。軽くて読みやすい内容とはいえ、これは両者にとってイイ結果ではなさそう。鹿島茂に興味がある人が、軽いエッセイ集を読みたいなぁと思われたらきっと楽しめる本です。

_____________

【BOOKデータベース】あなたのまわりのこんなヒト、いませんか?例えば…大声で前夜の男を品評する淫乱コギャル、やたらとバカでかい車に乗りたがる中身カラッポ男、高級ブランドに血道を上げる物欲人間、知ったかぶりでまくし立てる似非インテリ、できもしないことばかり言うご都合エコロジスト…、などなどなど。こんなムカつく連中に、著者が天に代わって紙爆弾、目には見えない空気げんこつをお見舞いします。読めばスッキリ、日頃の溜飲がスッと下がり、その上ちょっぴりためになる痛快エッセイ。 角川書店 (2001/10、初版ネスコ1998/09)



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/11602820
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2009-07-26 11:55 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite