銀座を歩く−江戸とモダンの歴史体験/岡本哲志

銀座を歩く―江戸とモダンの歴史体験

岡本 哲志/学芸出版社



著者は建築家で、これまでにも銀座に関しての何作かの著作がある方。お店紹介ではなく、建物、通り、路地にスポットをあて、店めぐりではない銀座の街歩きを提案している。変化の激しい銀座ですが、本書は今年出版されていて、現在建築中の建物や、つい最近取り壊された建物など、銀座の近くに住んでいる者としては、大変ありがたい資料。
近年だけでも、本当に多くの歴史的な建物が壊されましたが、今現在もまだ急に壊されてしまう建物があとを絶たないのは寂しく、これ以上高層ビルが多くならないで欲しいと願うばかりです。

ちょっと気付かない細い路地の紹介や、江戸にまで遡った銀座の変遷、都市計画を通してみる銀座のあり方など、銀座通にも、ビギナーにも興味深い内容。

______________

【出版社/著者からの内容紹介】最新のショップと老舗、新旧のビルが混在し、多様な表情を湛える街・銀座。変遷する建物や街のなかで、歴史の面影をひっそりと残す空間や、変わらない暮らしを感じるとっておきのルートを、長年、銀座のまちづくりに関わってきた著者が隅々まで案内する。路地を駆け抜け、江戸・煉瓦街・モダン都市の世界へタイムスリップ。 学芸出版社 (2009/03)

【著者について】
1952年東京都中野区生まれ。法政大学工学部建築学科卒。
都市・建築設計室T. E. Oを経て、1984年4月に岡本哲志都市建築研究所を設立。
現在岡本哲志都市建築研究所代表、博士(工学)。
日本の港町研究会代表、日本建築学会会員、日本都市計画学会会員。
専攻は、都市形成史、都市論。
国内外の都市と水辺空間の調査・研究に長年携わる。
銀座、丸の内、日本橋など東京の都市形成史の研究は様々な角度から30年以上研究を続ける。
銀座は1993年から15年間調査・研究を積み重ね、著書、論文を数多く執筆してきた。

主な近刊著書 『港町の近代--門司・小樽・横浜・函館を読む』(学芸出版社、2008年)
『銀座四百年--都市空間の歴史』(講談社選書メチエ、2006年)
『江戸東京の路地--身体感覚で探る場の魅力』(学芸出版社、2006年)
『東京エコシティー--新たなる水の都市へ』(鹿島出版会、2006年)
『銀座--土地と建物が語る街の歴史』(法政大学出版局、2003年)
『水辺から都市を読む--舟運で栄えた港町』(法政大学出版局、2002年)など



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/11460423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 足利道楽サポーター at 2010-11-15 21:57 x
着物と地方都市を研究されている方々にお伝えしたく、書かせていただきました。
「足利銘仙」で日本の着物史の一時代を築いた足利市。
今でもまちの随所に着物に合うスポットが散らばめられているその足利市で11月23日、「足利道楽」というイベントが足利市商工会議所主催で行われます。わくわくするような内容は、以下のURLでご確認くださいませ。
http://ashikaga.info/akimaturi/eve12.html

ちなみに、足利尊氏の祖先が居宅と定めた所は、そこに大日如来を祀った「鑁阿寺」でもあります。この外堀の水量の豊富さとそのおいしさに、この世のものではないようなパワーを感じます。
Commented by yomodalite at 2010-11-15 22:11
地方都市はまったく研究していないものの、素敵なイベントの紹介ありがとうございます!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2009-07-05 22:24 | 評論・インタヴュー | Trackback | Comments(2)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite