梅雨のきもの

f0134963_22135642.jpg


前々から思っているんですが、ゆかたって6月に最適なキモノじゃないでしょうか? 
雨で縮まないですし、この蒸し暑い季節に雨ゴートなんてありえないし・・


f0134963_22142937.jpg


ゆかた販売も年ごとに華やかになっていますが、7月8月だけで、毎年ゆかたをこれ以上売ろうなんて無理ですよ。きもの業界は「梅雨こそゆかた!」のキャンペーンすればいいと思うんですけど。。。それで今更単衣の売れ行きが下がることもないでしょう。

残念ながら6月の東京銀座界隈では、まだゆかたの方はいませんね。竺仙製や有松絞りなどの高級品で半襟、名古屋帯の着こなしだったら、今の季節の街着にぴったりだと思うのですが、キモノ業界の慣習はまだまだ厳しいです。

で、わたしはと言えば、竺仙のような高級ゆかたには程遠い、旅館の浴衣と同様な素材感ですが、傘柄が気に入って手に入れたものが1枚あるのみ。これに、半襟、名古屋帯で梅雨時お出かけしたら、やっぱダメかな〜。



f0134963_22192992.jpg

とりあえず、勇気がないので、本日は浜松木綿にしました!


f0134963_22213681.jpg

竺仙 
http://www.chikusen.co.jp/


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/11315006
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2009-06-15 22:24 | きもの | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite