6月のきもの

f0134963_14592835.jpg


この赤い紬帯、きものを着初めてまだ間もない頃に、嫁ぎ先から譲り受けたんですけど、なかなか上手く合わせられなくて、ずっとこやし状態だったんですが、先日、書店でこの本を見たら久しぶりに締めてみたくなりました。

画家バルテュスの奥様としても有名な節子・クロソウフスカ・ド・ローラさんの
『きものを纏う美』。


きものを纏う美

節子・クロソフスカ・ド・ローラ/扶桑社

undefined



こういう美人なうえに高級なきものを着られる環境の方の着こなしを真似てみるなんてこと、恐れ多いのですけど。。。。。もう2度としないから今回は許してm(_ _)m。(帯揚げはやっぱり暖色系にした方が良かったかなぁ。)

相変わらず単衣きものは盛夏用を除いて2枚しかないので、5月と同じ着物を帯を変えるしかないです。


f0134963_1553118.jpg


ところで、とうとう梅雨入り宣言出ましたね〜雨の日はきものを着ない主義は変わっていませんが、今年は木綿きものがあるので、少しの雨や、降りそうな日などは、どんどんチャレンジする予定。


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/11282558
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2009-06-11 15:09 | きもの | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite