『黒の挑戦者』主演:田宮二郎 “男と煙草”

f0134963_17235449.jpg


黒シリーズ第8作目(1964)。この頃から映画がカラーになっています。
スーツ、煙草、ブランデー、、、当時の男のお洒落アイテムのすべてが完璧に似合う、
田宮二郎にぴったりな、新進気鋭の弁護士役。(原作は、島田一男「屍蝋の市場」)

煙草は男も女もとにかく吸ってます!煙越しにみるイイ男をご堪能くださいませ。




f0134963_17245014.jpg


青年弁護士、南郷次郎はパーティーを終えて自宅のソファーでくつろいでいた。
手にはブランデーと、ブロンドが微笑むグラビア雑誌。



f0134963_1727479.jpg


何度目かのコールを聞いて出た電話の向こうには、助けて欲しいと女の声。


f0134963_1727231.jpg


再びタキシードを着て駆けつけるが、女は電話ボックスの中ですでに亡くなっていた。


f0134963_17295341.jpg


果たして妊娠中だった女に何が起きたのか。。


f0134963_17305242.jpg


常連のマダムに誘われて妖しげなパーティーへ。


f0134963_17321286.jpg


パーティー主催者である謎の女。


f0134963_17323093.jpg



f0134963_1734254.jpg


謎の女は山雨楼社長、宝城竜子だった。(久保菜穂子)


f0134963_17344921.jpg




f0134963_1736554.jpg




f0134963_17362610.jpg




f0134963_17372149.jpg




f0134963_17374027.jpg




f0134963_1738013.jpg




f0134963_17382284.jpg




f0134963_17401769.jpg

_________________________

★★ネタバレ注意!★★

【あらすじ】青年弁護士次郎が、取乱した女性の声で、事件の依頼を受けたのは、真夜中のことであった。次郎がかけつけた時東野文江というその女は、異常妊娠の病名で死体となっていた。だが、次郎は、そこから事件の嗅いをかいだ。翌朝文江の倒れていた地点から、遠くない永楽ホテルの一室で、死体のない事件に遭遇した。ベッドには致死量とみられる血が流れていた。この事件と文江の死に深い繋がりがあると睨んだ次郎は、文江のバッグの中にあったパーティ券を頼りに、ハイソサエティーの集りである、箱根の山雨楼へ行った。そこで常連のマダム婦貴子から、文江が庵谷樹一という役人とつきあっていたことを聞き出し、夜の再会を約して別れた。その夜、次郎は、このパーティの主催者である山雨楼社長宝城竜子の妖しい美しさに油断のならないものを感じた。深更、婦貴子は次郎を迎える前に何者かの手で殺害された。事件は複雑さを呈して来た。果して、竜子からの呼び出し電話で、部屋を訪れた次郎に、竜子は、拳銃をむけて迫った。一方助手の金丸京子は、庵谷の周辺を洗ったが、永楽ホテル支配人の容子から、文江を殺害したのは庵谷であることの確証を握った。出世の妨げとなる文江は子どもを身ごもったまま、殺されたのだ。京子の連絡を受けて、庵谷の後を追って那須に来た次郎は、竜子に石の茶屋と称する岩風呂に連れこまれた。そして、そこには、騙されてつれこまれた京子が、女の競り市と称して、並べられていた。絶望とみられた時、前もって次郎から連絡を受けた板津刑事の出現で、京子を救い出したものの、次郎にピストルをつきつけた男があった。彼が顧問弁護士をする貿易会社社長表川天童だ。すさまじい拳銃戦のあと、次郎は渾身の力をふりしぼって、悪の一味へ挑戦していった。




[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/11229372
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2009-06-04 17:46 | 美男・美女 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite