仏教・神道・儒教集中講座(徳間文庫)/井沢元彦

仏教・神道・儒教集中講座

井沢 元彦/徳間書店




下町に越してしばらく経ちますが、近所の鉄砲州神社も、月島の住吉神社も、深川の富岡八幡宮も、いずれも住人に厚く信仰されていて、祭りの賑わいも驚くほどです。

江戸の長屋では、トイレや井戸など共同施設が多いのですが、それでも4畳半一間のような狭い部屋でも神棚は必ずあったようで、台所と居間にそれぞれ神棚がまつってあるのが通常。一体これほどまでに信仰されていた「神道」とはいかなるものかと思い、最初に読んでみたのは、鎌田東二氏の『神道とは何か』だったのですが、鎌田氏はその中で、神道とは宗教としてはよくわからないということを、親切に潔く説明してくれ、神と仏の違いに関しては、下記のような記述がありました。

1. 神は在るもの、仏は成るもの。
2. 神は来るもの、仏は往くもの。
3. 神は立つもの、仏は座るもの。

その後、仏教に関して納得のいく解答を与えてくれた本は、小室直樹氏の『日本人のための宗教原論』 でした。(仏教だけではなく、キリスト教、イスラム教、日本人がいかに宗教音痴であることなど、一冊で日本人の「宗教」への興味や疑問に答えてくれるとてつもない名著)また昨年は副島隆彦氏の『時代を見通す力』に、仏教と神道の関係、神道の原型は中国伝来の道教であるなど、目からウロコの内容に感動しました。

でも「神道」に関して、最初に驚くような回答に出会ったのは、本書の著者による『逆説の日本史』でした。

仏教と神道と儒教が厚さ1センチほどの厚みの文庫本1冊にまとめられていて、めちゃめちゃお買徳じゃん!と思われた方もそうでない方にも。同著者による『ユダヤ・キリスト・イスラム集中講座』 もぜひ読んでみたい。
____________

[出版社/著者からの内容紹介]世界の宗教では、神に帰依するのが当たり前にもかかわらず、日本は日本人に都合が良いように神を作り変えてきた。宗教比較により、そんな日本人の特殊性の原因、日本が中国・韓国に嫌われる理由を明らかにする、大人気宗教講座の第二弾! 徳間書店 (2007/03 単行本2005/6/30)

[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/11088703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2009-05-17 22:30 | 宗教・哲学・思想 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite