日本という方法—おもかげ・うつろいの文化 (NHKブックス)/松岡正剛

日本という方法―おもかげ・うつろいの文化 (NHKブックス)

松岡 正剛/日本放送出版協会




本書は、NHK人間講座の 「おもかげ・うつろいの文化」の講義を基にした本。

NHK放送時の副題は 「日本の編集文化を考える」で、日本を編集的に見るという視点が松岡氏らしいのだけど、それだけに、最近よくある日本の誇りとか、自信を取り戻せとかいう類いとは異なり、日本が古代から一貫して「主題の国」ではなく、「方法の国」であったと見抜いているのは流石です。

松岡氏は、日本を「一途で多様な国」という。

大切なことは「おもかげ」や「うつろい」を主題ばかりで埋め尽くさないこと。

引用したい箇所も紹介したい点もあり過ぎて、書ききれません。2006年出版の本なのですけど、過去私が読んだ「日本」本のなかでもベスト本(ランクインという意味)。

第1章から最終章まで、各々素晴らしく編集力が唯事ではない。厚さ12ミリほどのテキストですけど、ぎっしり詰まってコンパクト。なんとたったの1200円で日本の基本がわかります!

【目 次】
第1章 日本をどのように見るか
第2章 天皇と万葉仮名と語り部
第3章 和漢が並んでいる
第4章 神仏習合の不思議
第5章 ウツとウツツの世界
第6章 主と客と数寄の文化
第7章 徳川社会と日本モデル
第8章 朱子学・陽明学・日本儒学
第9章 古学と国学の挑戦
第10章 二つのJに挟まれて
第11章 矛盾と葛藤を編集する
第12章 日本の失敗
第13章 失われた面影を求めて

「404 Blog Not Found」
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51082324.html

「見もの・読みもの日記」
http://blog.goo.ne.jp/jchz/e/780d383bd461c33bc870f87343da44cd
____________

【BOOKデータベース】
アワセとキソイで「日本的編集方法」を探る。あまたある「日本論」「日本人論」のなかでも日本を「方法の国」として考えるという、大胆な試みはされてきただろうか。何らかの情報を得て受けとめる方法のすべてを「編集」であると見て史書の編纂から日記、短歌、連歌などにとどまらず政治・経済のシステムや、書くこと話すこと、生きることそのものまでを編集行為として捉え、長年考察し続けてきた成果をもとに日本を日本ならしめている「日本的編集方法」を探っていく。ことさらに「主題」を求めようとするのではなく歴史に蓄積された「日本という方法」を発見していく注目の書。 日本放送出版協会 (2006/09)

[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/10718583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2009-04-05 19:29 | 評論・インタヴュー | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite