援助貴族は貧困に巣喰う/グレアム・ハンコック

援助貴族は貧困に巣喰う

グレアム ハンコック/朝日新聞



こちらのサイトで紹介されていた箴言

「大いなる悪をなす者はまず、自分が大いなる善をしていると、自分自身を納得させる必要がある」

インドのガンジーの言葉だそうです。で、この箴言にぴったりの著作が本書。ズバリ内容がわかるタイトル。著者が1995年出版の『神々の指紋』で、世界的なベストセラー作家になる前の1989年に出版されています。『神々の指紋』は未読なので、トンデモ本なのかどうかは判断できませんが、こちらは間違いなく真っ当な本です。なんせ朝日新聞社刊ですから(笑)

著者は「タイムズ」「サンデー・タイムズ」「インデペンデント」「ガーディアン」などイギリスを代表する高級紙でジャーナリストとしてのキャリアを積み、1970年代にNGOの援助スタッフとして現場経験もあり、1984〜85年のエチオピア飢饉のときには現場で緊急援助活動にたずさわり人道的活動で表彰もされている。

翻訳者の武藤一羊はアジア太平洋資料センター代表。巻末の『「援助の思想」をどう超えるか』には、神田浩史(ODA調査研究会)、松井やより(朝日新聞社編集委員)村井吉敬(ODA調査研究会コーディネーター)(※( )内はすべて刊行当時)による、本著ではあまり取り上げられていない日本のODAの実体に関しての座談会も収録。

ここに書かれてある援助の実態は、現在でもまったく変わっていないと思う。(酷くなっているかも)なんせ、一応ソマリアとか、エチオピアという国への援助だったのが、今や全部まとめて「アフリカ支援」。たしかに、ブッシュが、アフリカを国名と思っても仕方のない報道ばかりですし、

それでもアフリカだけでは足らないらしく、地球を救おう(巣喰おう)なんて、援助貴族はますます拡大する一方ですけど、飢餓難民は一向に減らない。

絶版本ですけど、お子さまにボランティアになりたい。国連で働きたいなどと言われたら古本屋か図書館で本著を探して一読をお薦めされてはいかがでしょう。

援助された国がいかにボロボロになっていったかが、少し解ります。

◎「関心空間」ー 第三世界の鉄則として、「プロジェクトが外国の資金でまかなわれていれば、そのプロジェクトは、外国人が設計し、外国市場で購買された外国の設備を使って、外国人によって実施されている、という法則」があると述べる。そして、援助の受益者は誰か?と問いかけるのだ....

◎「コラム国連」ー 国連への批判と結論の錯綜は日本に限ったものではありません。例えば、グレアム・ハンコック氏は「援助貴族は貧困に巣食う」(朝日新聞社)で先進国の援助政策を批判しますが、その国連批判ではヘリテージ財団の資料を多く引用しています。これは米国の右派のシンクタンクで、レーガン政権の国連敵視姿勢に大きな影響を与えました....

________________

【BOOKデータベース】北の国民がつぎ込む膨大な税金と善意の寄付が、援助ビジネスのエリートたちの手で南の人々をますます貧困に陥れる、恐るべきメカニズム。朝日新聞 (1992/03)



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/10243505
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2009-01-30 12:06 | 政治・外交 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite