狂気の偽装/岩波 明

f0134963_10511838.jpg岩波明氏の著書は、『狂気という隣人』に続いて2冊目。

岩波氏は、センセーショナルな内容と、患者より分析したくなるユニークな個性、新たな病気を「発見」することが最重要で、およそ治療行為者と思えない多くの著名精神科医とは異なり、

手堅い治療者としてのパーソナリティーと、学者としての知性のバランスが程よい著名精神科医としては稀少な存在。本著は「心の病」の内側にいる人向けではなく、現代社会の問題を扱っている。
__________________________

【BOOKデータベース】現代に増殖を続ける自称「心の病」の患者たち。「うつ病」「アダルトチルドレン」「PTSD」「トラウマ」「摂食障害」…。果たしてそれは本当の病なのか?世に騙られる精神病の、偽りの仮面を剥ぐ。その真の姿を赤裸に描いた、精神医療最前線。新潮社 (2006/4/20)
[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/10178462
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2009-01-21 10:52 | 精神・教育・自己啓発 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite