芸者と遊び—日本的サロン文化の盛衰 (学研新書)/田中優子

芸者と遊び―日本的サロン文化の盛衰 (学研新書)

田中 優子/学習研究社




辰巳芸者の粋とは? 

という謎から芸者関連の本の決定打を求めて、田中優子氏に辿り着きました。

そろそろ真打ちに登場してもらって、芸者の件にケリをつけたい(笑)と思ったのですけど、本著は第一部が「江戸の芸者とその歴史」、第二部の「明治の芸者 その栄華と終焉」という二部構成、分量的にも第一部の「江戸の芸者」はページ数半分弱なんですね

そんなわけで「辰巳芸者の謎」に関しては、また別に...

本著のはしがきは、次の文章ではじまります。

芸者についての本は、いまでも芸者自身の回想録を含めて種々出されている。しかし、芸者およびその住む世界、つまり花柳界の歴史については、必ずしもわかっているとは言えない。それも無理からぬ事情がある。というのも、芸者の生まれたのは江戸時代のことであるし、そうして生まれた江戸芸者の伝統は、その最も華やかな明治時代を経て、大正の初期に亡びてしまったのだ。その持つ意味はその頃を境に、大きく変化したものと思われる。

ここで、述べようとする「芸者の時代」とは、その亡びてしまった芸者についてである。


ふんふんナルホドと思った、そこの和風男! 和の嗜みに通じ「粋」をモットーとしているつもりの貴男はたぶんグローバリストか、着物をすっかりダメにした呉服業界の人で、いずれにしても江戸の粋とは真逆の人ではないでしょうか。本当に「江戸」が遠い遠い遥か彼方に行ってしまっていることを、よく解っていない粋人男の多いこと。。。。

江戸学の泰斗、田中優子氏にして「わからない」という江戸の芸者に、努々勝手な妄想を抱かず、日本的サロン文化がなぜ盛衰したかを考えつつ、熟読しましょう。

「踊り子」の女の歴史は、今日に至るまで、細々であっても途切れることなく続いていると思いますが、「粋な男」の歴史はいつ途絶えてしまったのか。新たに始まる気配も感じられないのは寂しい限り。

粋は意気で、それこそが「男気」なのに。。。

☆参考サイト → 遊女asome

【目次】
第1部 江戸の芸者とその歴史
・踊子から芸者へ
・深川芸者の発生と実像
・色を売ること売らないこと
・幕末の芸者たち

第2部 明治の芸者その栄華と終焉
・祗園と柳橋;雑魚寝のこと
・名妓たち
・水揚げのこと
・芸者遊びとは何か
・日本的サロン文化

【MARCデータベース】「芸者は伝統芸能だけを継承してきたのではない」 町のファッションリーダーであり、維新の志士や明治の文豪を魅了した、サロン文化の担い手、芸者の歴史を読み解く。 学研 (2007/06)



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/10172835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2009-01-20 16:23 | 歴史・文化:美術 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite