f0134963_00241288.jpg


あらすじーーー
スーザン(エイミー・アダムス)は夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワード(ジェイク・ギレンホール)から、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスーザン。彼はなぜ小説を送ってきたのか。それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか――。


f0134963_00304393.jpg




トム・フォードの監督2作目の作品。
グッチや、サンローランのデザイナー兼クリエイティブディレクターとして、ファッション業界の大スターだった、トム・フォードの映画は、第1作の『シングルマン』でも、おしゃれでスタイリッシュという評価が多かったのだけど、実は、ファッションよりも映画の方が・・と思うぐらい、素晴らしい映画監督で、

『シングルマン』では、同性愛の大学教授が、恋人を交通事故で失い、生きる価値を見失うというストーリーで、主人公のゲイへの目線には、同性愛者にしかわからない感覚に助けられていた部分もあったように感じたけど、『ノクターナル・アニマルズ』には、同性愛は登場せず、

主人公のスーザンは、アートギャラリーのオーナーで、現代アートやハイファッションが登場するシーンも多いものの、それとは真逆といえるホワイトトラッシュの世界も描かれていて、いわゆる「おしゃれ映画」ともまったく違う。

『シングルマン』のコリン・ファースもすごく魅力的だったけど、この映画でも、トム・フォードの俳優、特に男優を選ぶ目が冴えていて、全員がとても印象に残る演技をしている。

カズオ・イシグロがノーベル文学賞をとったとき、英文学を担う人がいてくれて良かった、とイギリス人に評価されたそうですが、トム・フォードには、ハリウッドからすっかり消え去ってしまったアメリカ文学の香りがする。

この作品でトム・フォードは、私が次回作にもっとも期待する映画監督になりました!



[PR]
# by yomodalite | 2017-11-17 00:30 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite